債務整理、会社設立、相続/司法書士を京都・滋賀でお探しなら、優司法書士法人へ。ご相談はお気軽に。

優遊ブログ


 お問い合わせ

求人・採用情報

当法人の概要

 

 


2018 / 05   «« »»
01
T
02
W
03
T
04
F
05
S
06
S
07
M
08
T
09
W
10
T
11
F
12
S
13
S
14
M
15
T
16
W
17
T
18
F
19
S
20
S
21
M
22
T
23
W
24
T
25
F
26
S
27
S
 
28
M
 
29
T
 
30
W
 
31
T
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback

優遊ブログ

優司法書士法人スタッフ
※写真をクリックすると拡大表示します。


Counter
total : 1448749
yesterday : 1215 / today : 081

Online Status

Profile
優司法書士法人は、京都市中京区と滋賀県草津市に事務所を構える司法書士事務所です。
当法人代表社員2人は、平成11年度司法書士試験の同期合格者。
平成19年9月、メリット、デメリットの精査もおざなりに、勢いとノリだけで、司法書士法人を設立。
人に優しく、優れた事務所を目指し、日々邁進しております。
そんな日々の業務に関すること、または業務以外の雑感を含めて、記録することで、我々自身、日々を見直せたらと思い、ブログを開設しました。
さらに、このブログにより、どなたかのお役に立てれれば、尚更幸いです。

Menu

RSS & Atom Feed
優遊ブログ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
成年後見
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
お知らせ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
家族信託
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
その他
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
不動産登記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
商業登記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
簡裁代理
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
雑感
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!

Recent Diary

Recent TrackBack
◎ホームページ戦略◎
  └ 士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役
         └ at 2012/12/17 23:41:53
@買戻権@業務メモ
  └ 士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役
         └ at 2012/09/01 12:41:26
◎防災意識◎
  └ 士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役
         └ at 2012/08/22 12:48:04
@グラスゴーの奇跡@
  └ 士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役
         └ at 2012/07/29 21:52:12
◎土砂降り◎
  └ 士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役
         └ at 2012/07/23 23:26:22
◎リース終了◎
  └ 士業の種類と役割──プロフェッショナルな相談役
         └ at 2012/07/17 22:47:45
◎気さくな先輩司法書士◎
  └ 中野さん
         └ at 2012/06/21 15:42:33

Recent Comments
Re:◎優遊ブログはコメントを募集しております◎
  └ cha at 2018/05/19 10:48:08
  └ 管理人 at 2018/05/20 23:42:16
Re:◎押し花アートA◎
  └ ルイヴィトン 財布 at 2014/05/06 21:58:36
Re:@登記懈怠と過料@
  └ プラダ 公式 at 2014/05/07 3:59:07
2018/05/26

 

成年後見制度とは、認知症や知的障害、精神障害等により判断能力が不十分になってしまった人を法的に支援する制度でございます。
成年後見人は、法定代理人として、本人のために本人に代わって@法律行為A財産管理B身上監護をします。

逆に言うと、判断能力がしっかりあれば、使えません。
寝たきりの方、身体障碍者、浪費家は、判断能力がしっかりあったら、成年後見人を付けられません。

例えば、そんな寝たきりの方の財産管理はどのようにしていくのでしょうか?
親族が近くにいれば、現実的には、その方の代わりに通帳、キャッシュカード、印鑑によって、手続き等は可能でしょう。ただし、親族がいない、身寄りのない方であった場合、話は変わってきます。

考えられるのは、ヘルパーさんに頼んだり、司法書士など専門家に財産管理任意代理契約を締結し、管理してもらうことです。

なんの資格もない知り合いとかであれば、結構なーなーの信頼関係だけで話は済むでしょうが、全く見ず知らずの方の財産管理を専門家としてするということになれば、当然それなりの責任も伴うでしょうし、手間もかかることから、報酬も発生しますし、難しい話になってきます。

財産がある方であれば、問題ないでしょうが、財産の無い方の代わりに預金引き出し等の世話を法律専門家がすることも少ないでしょう。行政との連携が必要な問題かもしれません。

行政とのコネクションも高齢者支援の立場では、必要になることも往々にしてございます。
なんでも人とのつながりだなって思います。

判断能力がなければ、問題ない場合も逆にあるということ、複雑な気分になることがたまにございます。

【優司法書士法人関連サイト】
司法書士を京都・滋賀でお探しなら優司法書士法人 
相続と不動産の名義変更NAVI
優遊ブログ



 

posted at 2018/05/26 0:00:07
lastupdate at 2018/05/26 0:00:07
修正
comments (0) || trackback (0)
 
2018/05/25

 

先日、とある企画で、おっさん10名ほどで天王山の山頂を目指して山登りに行きました。

登山口はこんな感じ。

◎大人の遠足 天王山登山◎

中腹部までは、まあまあな坂で、結構苦しかったです。新緑の季節で清々しく、参加してよかったです。

しかし、軽い遭難というか、先導者が道を間違えたことで、最終的に山頂にたどり着くことができませんでした。
人任せにせず、自分でも左と右の標識をしっかり確認しないといけないということを学びました。

山頂からの風景は取れなかったので、西山天王山から島本町まで、山の中腹部を横断して出たときの画像はこんな感じです。

◎大人の遠足 天王山登山◎

高速道路の天王山トンネルの上側です。

山頂で食べるはずの弁当は、水瀬の滝のふもとで食べることになりました。

◎大人の遠足 天王山登山◎

人生にもいろいろな選択肢がございます。
なまじ適当に選んでしまうことで、頂きを見ることなく人生を終えてしまうこともあろうかと思います。

どうか、そのようなことがないように、慎重に選択したいと思います。
司法書士選びも一緒かもしれません。
適当に選ばれる前に、当事務所も選択肢の一つにご検討下さい!!!

【優司法書士法人関連サイト】
司法書士を京都・滋賀でお探しなら優司法書士法人 
相続と不動産の名義変更NAVI
優遊ブログ



 

posted at 2018/05/25 0:02:06
lastupdate at 2018/05/25 0:02:06
修正
comments (0) || trackback (0)
 
2018/05/24

 

先日、お誘いをうけて珍しい勉強会に参加致しました。しかも、大阪に。

講師の方は、平成11年合格の僕より3年後の平成14年合格の司法書士で、事務所を身売りし、今は司法書士でなくコンサルタントとして活躍の方でした。参加されてる方は、若手が多く、しかも大阪の司法書士が多い中でしたが、目から鱗でした。京都からも僕いれて4名参加されてました。なかなかお会いできないメンバーで懇親できたのは、良かったです。
◎司法書士にこだわらない◎
司法書士の仕事の中で、ルーティンで面白くないものも、面白いものもございますが、司法書士は、その仕事を淡々とこなしているのです。
◎司法書士にこだわらない◎
それを全て捨て、司法書士の枠から飛び出したのが、今回の講師の先生です。
それに、憧れる部分ももちろんあるのですが、今の状況を楽しんでできるようにもなりたいのです。もちろん、それは司法書士の資格があってもなくても出来る部分としてです。
◎司法書士にこだわらない◎
私個人だけでなく、事務所として楽しんで仕事に取り組める事務所にしたいです。
社会に役に立つという使命を持って、仕事に向かいたいと思います!


【優司法書士法人関連サイト】
司法書士を京都・滋賀でお探しなら優司法書士法人 
相続と不動産の名義変更NAVI
優遊ブログ

 

posted at 2018/05/24 0:00:10
lastupdate at 2018/05/24 0:00:10
修正
comments (0) || trackback (0)
 
2018/05/23

 

只今、当事務所(京都)で、パートさんを募集しております。

登記申請した後の書類の完了処理、郵送処理、簡単な入力作業、電話受付対応などの事務スタッフを募集しております。

募集要項は、当時事務所ホームページの求人情報の通りです!!http://www.you-office.com/p007.html

10時から15時(休憩1時間)でも13時から17時でも相談にのります。
週1日から週3日でも結構です。

当事務所は、いろいろなお客様がいらっしゃいますし、いろいろな人間模様も見れますし、結構楽しい職場ではないかなって思ってます。
司法書士試験や行政書士試験を受験される方、受験されてた方、法学部出身の方、法律に興味があられる方にとっては、仕事も面白いんじゃないかと思います。

未経験でも真面目で一生懸命な方が希望です。事務処理能力が高ければ高いほどうれしいです。

もし、ご覧になられている方で、お近くで、パートを探しておられる方がいらっしゃいましたら、是非、ご応募のご検討をよろしくお願い申し上げます!!!

【優司法書士法人関連サイト】
司法書士を京都・滋賀でお探しなら優司法書士法人 
相続と不動産の名義変更NAVI
優遊ブログ





 

posted at 2018/05/23 0:02:33
lastupdate at 2018/05/23 0:02:33
修正
comments (0) || trackback (0)
 
2018/05/22

 

委託者の不動産を信託して、受託者に所有権移転登記をする場合、委託者への説明で気を付けていることがございます。

やはり、委託者いわゆる現在の所有者は、自分の財産が息子であれ家族であっても、自分のものでなくなることに抵抗を持たれる方がいらっしゃいます。

不動産登記簿には、明確に登記の目的として「所有権移転」と記載されます。
ただし、現実は、受託者が委託者の為に管理運営していくのです。

なので、財産の管理処分権限を持つ者として、形式的に所有権欄に記載されるということを説明しております。

ご理解、ご納得いただくまで、丁寧にご説明させて頂きます。
ご安心下さいませ。

【優司法書士法人関連サイト】
司法書士を京都・滋賀でお探しなら優司法書士法人 
相続と不動産の名義変更NAVI
優遊ブログ


 

posted at 2018/05/22 0:01:27
lastupdate at 2018/05/22 0:01:27
修正
comments (0) || trackback (0)
 
2018/05/21

 

昨日のブログにて、記載しました家族信託案件のことです。

受託者が信託財産毎に別人がいる場合
すなわち、信託財産 甲 については長男Aが、信託財産 乙 については次男Bが受託者になる場合、契約書はそれぞれ2本で作った方が分かりやすいと考えます。

しかし、契約書が2本になるということは、当方の費用及び公証人の費用も1本時に比べて大きくなります。

だからこそ、2本でするという司法書士事務所もありますでしょうが・・・・(怒られるかも困り)、当事務所では、できる限り、お客様のご負担も小さくなる努力をしておりますので、公証人とも相談させて頂いたところ、1本の契約でもご対応して頂けることになりました。

もちろん、AとBがそれぞれの信託財産の詳細について、了知し合っていない場合は、別々にされた方がよいかと思いますが、家族の皆様が関与され、実行するには、費用を抑えることを考えてもよいかと思います。

家族が了知している中での家族(民事)信託、理想です。
家族会議にも、同席して、いわば生前の遺産分割協議にアドバイザーとしての参加も可能です。むしろ、そういう将来の紛争を防止して、お客様の未来を良い方向に変える司法書士でありたいと思います。

【優司法書士法人関連サイト】
司法書士を京都・滋賀でお探しなら優司法書士法人 
相続と不動産の名義変更NAVI
優遊ブログ


 

posted at 2018/05/21 0:02:10
lastupdate at 2018/05/21 0:02:10
修正
comments (0) || trackback (0)
 
2018/05/20

 

現在、取り組んでいる家族信託の案件は、金銭ののみの信託契約です。
現在口座は5つあり、それを信託するという話です。ちなみに推定相続人は息子長男Aと次男Bと配偶者Cです。
希望は下記の通り。

委託者のお父様は、口座のお金を移動するのには抵抗があるということ。
全てを長男に信託して託すには抵抗があるとのこと。
本当は息子ではなく、お母様に託したいということ。

ここで、当方で提案中の内容は下記の通りです。

お父様と長男A・お父様と次男Bの信託契約書を2本作る。
Aとの契約の信託財産は5つのうち3つの口座を指定。
Bとの契約の信託財産は5つのうち2つの口座を指定。
それぞれの信託契約の第2次受託者をAとの契約にはB、Bとの契約にはAをたすき掛けする。
それぞれの契約の信託監督人にお母様であるCを指定。
それぞれの信託財産を最終の権利帰属先とする旨も定める。

問題となるのは、金融機関が口座の移し替えに対応していないことでございます。
そこで、どのように信託財産を特定するかが思案のしどころである。

結局、受託者名義の口座に金銭がなければ、契約書があっても絵にかいた餅であり、いざ委託者であるお父様が認知症になった時には、結局預金の引き出しができないので意味がない話となってしまう。
そうであれば、受託者名義の口座を作り、その口座に金銭を信託することで、公正証書化できれば信託財産として特定もできることから望ましいのではないかと考える。倒産防止機能のない、本当の信託口座ではないのではあるが、それに対応していない現在の金融機関の情勢であれば致し方ございません。

私文書にて、どこどこ銀行 どこどこ支店の口座にあるいくらいくらの金銭を信託し、受託者名義の口座に入金し管理する旨を定め、実際の口座開設、資金移動をした上で、公正証書化をしてみようと考えております。

また、その結果をお伝えする機会があれば、このブログにて報告してみたいと思います!

【優司法書士法人関連サイト】
司法書士を京都・滋賀でお探しなら優司法書士法人 
相続と不動産の名義変更NAVI
優遊ブログ

 

posted at 2018/05/20 0:03:08
lastupdate at 2018/05/20 0:03:08
修正
comments (0) || trackback (0)
 
2018/05/19

 

昨年のブログ更新が1年で7回であったのに、平成が終わる一年を充実させるために、一念発起・心機一転して、今月頭から、ブログを毎日更新しております。平成が終わるその日まで、続けられたらいいなって思っております。
お付き合いの程、よろしくお願い申し上げます。

以前にも、一年間毎日継続してブログを更新し続けたことがあったのですが、今回も久しぶりに続けてます。
続けてますとアクセス数に目が行くようになります。
日によっては2700人を超える方がアクセスして下さっております。

ただ、いったいどういう方がご覧になられているかがイマイチつかめていないのが現状ですし、なんかご意見をお聞きしたいというのも本音です。

以前は、業務上で斬新な手法を公開したところ、同業司法書士に業務を教えてほしいと頼まれたり、同業司法書士からのご意見を受けたりしたこと思い出となっております。また、取引で出会う若い司法書士に、この優遊ブログを受験時代に読んでましたであるとか、業務の参考にさせてもらってますとか、おべんちゃらでもうれしいお言葉をいただいたり、訴訟案件になっている手法を公開したことで、その証人になってほしいと見ず知らずの東京の弁護士に頼まれたり、このブログを通じて、様々な体験をさせて頂いたことを今、思い返しております。

最近、このブログにコメントを賜ることが少ないのが寂しいなって思ってます。
なので、お気軽にコメントを残して頂ければ嬉しいなって思います。

何にもなかったらもっと寂しくなると思います。
よろしくお願い申し上げます!

【優司法書士法人関連サイト】
司法書士を京都・滋賀でお探しなら優司法書士法人 
相続と不動産の名義変更NAVI
優遊ブログ

 

posted at 2018/05/19 0:14:32
lastupdate at 2018/05/19 0:14:32
修正
comments (2) || trackback (0)
 
2018/05/18

 

今月、何度か記事にも業務メモとして記録している、外国会社の日本における代表者の退任登記について、今回また初めてのことを知りました。

今回、宣誓供述書にいついつに日本における営業所を廃止することに伴い日本における代表者は退任すると決議した旨を記してもらう必要があるのですが、今回、その宣誓供述をとある国の領事館にてしてもらったわけですが、なんと、その領事館では、宣誓供述という形で書類を発行する手続きはないということで、その代わりに、 この種相談があった場合は、日本語の文章を領事館スタッフ自身で翻訳を行い「日本語で作成された内容を、領事館の方で確認の上、翻訳をした。ここに書かれていることは領事館が確認・翻訳をしたことを証明する」という形で処理をしますとのことでした。

今回その認証分の訳は、[日本語]の原本と同じ内容で翻訳をいたしました。ということで、日付と領事館の領事の名前ということでしたので、これで登記ができるかどうか、法務局に照会したところ、その書類でよいとの回答があり、助かりました。

もし、法務局にこれではだめだと言われたら、本国の官憲にて手続きしてもらうことになったかもしれなかったので、よかったです。

【優司法書士法人関連サイト】
司法書士を京都・滋賀でお探しなら優司法書士法人 
相続と不動産の名義変更NAVI
優遊ブログ




 

posted at 2018/05/18 0:04:36
lastupdate at 2018/05/18 0:04:36
修正
comments (0) || trackback (0)
 
2018/05/17

 

相続で揉めないように遺言を書いたのにそれが原因で揉めるケースもございます。

これは、遺言が単独行為であることも要因の一つです。

それに対して、信頼する家族に財産を託す家族信託では、家族で話あいの場を設けて、死んだあとでなく、今からどう生きたいかを前提に想いを家族に託すということで、自分の想いを家族にオープンにするという意味で、スムーズな資産承継が可能になることも多いと思います。

その家族信託のご相談が最近増えております。

その家族信託の業務を受託する際、我々がお聞きしなければならないことは、次の3つです。
@信託する財産について
A家族親族関係
B本人の想いと家族の想い
です。

専門家としては、本人と家族の想いをくみ取れるか大事なことで、それを信託契約書として形にするのがこの仕事の肝になる部分です。

家族会議に同席したり、金融機関の取次など、今までなじみのないコンサルティングの部分の役割も大きいですが、専門家としてやりがいのある仕事だと思っております。

相続や遺産分割や成年後見など信託とは別のご相談のおつもりでお越しになったお客様の話を聞いて、信託すべき可能性のある案件であることも多く存在します。

ここで、その提案ができるかが、専門家としての腕の見せ所になろうかと思います。

只今、猛烈に信託に対する勉強意欲が高まっております。

皆様のご期待に沿えるよう、精進致しますので、お気軽にご相談下さいませ。

【優司法書士法人関連サイト】
司法書士を京都・滋賀でお探しなら優司法書士法人 
相続と不動産の名義変更NAVI
優遊ブログ


 

posted at 2018/05/17 0:00:13
lastupdate at 2018/05/17 0:00:13
修正
comments (0) || trackback (0)
 


サイトマップ