限定承認について/事例のご紹介の詳細ページ

優遊ブログ


お問い合わせ

求人・採用情報

当法人の概要

 

 


文字サイズの変更

 

インターネット上で検索  このサイト内で検索


 

限定承認について

 

限定承認とは被相続人の財産も債務も相続人は引き継ぐものの、
その債務は相続によって得た財産の範囲内でのみ支払う責任を負い、
相続人固有の財産で支払う責任は負わないものとする手続きです。

 

 

被相続人が生前事業を営んでおり、今現在は多額の負債を抱えているものの、事業を継承すれば、将来充分返済の見込みがあると考えられる場合や、相続財産の中にはどうしても手放したくないものが含まれているような場合等には、相続放棄は望むところではありません。

 

相続放棄と同様、相続開始を知った時から3ヶ月以内に被相続人の最後住所地の家庭裁判所への限定承認の申述審判申立書を提出して行います。

 

注意すべきは、相続人が複数いる場合、限定承認は相続人全員でなければ申述できません。一人でも限定承認に反対する相続人がいる場合は、限定承認ができなくなりますので、その相続人に相続放棄をしてもらわなければなりません。

 

共同相続の場合、家庭裁判所は職権で相続人の中から相続財産管理人を選ばなければなりませんので、申述に際しては相続財産管理人となるべき者を決めて上申する必要があり、相続財産管理人に選ばれた相続人は、相続人全員のために相続財産の管理及び債務の弁済に必要な一切の行為を行うことになります。

 

また申述に際して財産目録を調整して添付しなければなりません。

 

限定承認をした場合、限定承認をした者あるいは共同相続の場合の相続財産管理人は全ての相続債権者及び受遺者に法律で定められる公告及び催告を行い、請求権の申出を促す必要があります。そして申出期間経過後に配当弁済し、被相続人の債務を清算した後、なお相続財産が残っていれば相続人の間で分配することになります。

 

 

 

 

Tweet 


前の画面に戻る


 

facebook area

 


 

 

私たち優司法書士法人は、京都市と滋賀県草津市に事務所を構えており、京都市内・草津市内をメインに、宇治市、向日市、亀岡市、長岡京市、八幡市、城陽市、京田辺市、その他京都府下、守山市、大津市、栗東市、野洲市、その他滋賀県下、また大阪、奈良など広く業務エリアとしてカバーしております。

 


 

京都市営地下鉄烏丸御池駅下車スグ/JR南草津駅下車スグ

 

京都 相続

 

相続が発生したら…

 

遺言書作成の注意点

 

住宅ローンの借り換え/ライフプランの相談

 

会社を作ろう!

 

 

 
 

 

 

相続・無料見積窓口

債務整理・無料相談窓口

 

事例のご紹介/私どもがこれまでお手伝いさせていただいた各種事例をご紹介いたします。

 

日本赤十字社/東日本大震災義援金(義捐金)募集のリンクバナー

 

ツイートボタン

 



***************


 

営業日カレンダー
2017年12月

     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
赤色の日付は休業日です。

 


≪営業日カレンダー詳細≫


Get Adobe Flash Player

Get Adobe Reader


 



  Site Map