相続放棄について/事例のご紹介の詳細ページ

優遊ブログ


お問い合わせ

求人・採用情報

当法人の概要

 

 


文字サイズの変更

 

インターネット上で検索  このサイト内で検索


 

相続放棄について

 

相続放棄とは、相続人が被相続人の遺産に関して、
その全てを放棄するという意思表示です。

 

 

全てを放棄することにより、そもそも相続人ではなかったというようにみなされます。

被相続人がマイナス財産しか残さなかった場合、相続放棄すればよいのです。

 

手続きは家庭裁判所に対して申し立てするだけですが、自分が相続人になったことを知ったときから3ヶ月以内にしなければなりません。この3ヶ月が考慮期間といわれるものです。

 

ここで注意して頂きたいのが、上記は民法の条文上の原則で、実務上、自分が相続人である事を認識していても、被相続人に借金がないので相続放棄の必要はないと思っていたところ、3ヶ月経過後、債権者からの請求書が届いた場合、相続人の誤信が仕方ないような場合あれば、例外としてその借金を知ったとき、または通常その借金を知る事ができるときから、3ヶ月をカウントすることができるとされています。

 

手続き的に申し上げますと、家庭裁判所の相続放棄の申述の受理は、適式な申述がされたものを公証する性質のものにとどまりますので、真意に基づいて相続放棄を申述したらそのまま受理されることになります。その後その審判の中で相続放棄の効力が認められるか否かが決せられることにな
ります。

 

被相続人の債権者は、債権者の立場で、相続人に代位して戸籍手配し、相続放棄の有無の照会・相続人確定作業をしますので、被相続人の債務に付き、相続放棄手続きをしておかない限り逃れることはできません。

 

また、自分の相続放棄は他の相続人にも影響を与えます。といいますのが、例えば第一順位の相続人である子が相続放棄すれば、第二順位の相続人である親が相続人となり、その親が相続放棄すれば、兄弟姉妹が相続人となります。

 

被相続人がマイナスの財産しか残さなかった場合、自分自身の相続放棄後、次順位の相続人にも相続放棄手続きを促すなど、最終の兄弟姉妹の相続放棄まで考える必要があります。

 

 

 

 

Tweet 


前の画面に戻る


 

facebook area

 


 

 

私たち優司法書士法人は、京都市と滋賀県草津市に事務所を構えており、京都市内・草津市内をメインに、宇治市、向日市、亀岡市、長岡京市、八幡市、城陽市、京田辺市、その他京都府下、守山市、大津市、栗東市、野洲市、その他滋賀県下、また大阪、奈良など広く業務エリアとしてカバーしております。

 


 

京都市営地下鉄烏丸御池駅下車スグ/JR南草津駅下車スグ

 

京都 相続

 

相続が発生したら…

 

遺言書作成の注意点

 

住宅ローンの借り換え/ライフプランの相談

 

会社を作ろう!

 

 

 
 

 

 

相続・無料見積窓口

債務整理・無料相談窓口

 

事例のご紹介/私どもがこれまでお手伝いさせていただいた各種事例をご紹介いたします。

 

日本赤十字社/東日本大震災義援金(義捐金)募集のリンクバナー

 

ツイートボタン

 



***************


 

営業日カレンダー
2017年12月

     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       
赤色の日付は休業日です。

 


≪営業日カレンダー詳細≫


Get Adobe Flash Player

Get Adobe Reader


 



  Site Map