成年後見/任意後見契約作成/業務案内インデックスの詳細ページ/相続・不動産(土地・家)の名義変更・会社設立なら優司法書士法人/無料相談受付中

優遊ブログ


文字サイズの変更

 


 

成年後見/任意後見契約作成

[登録カテゴリー: 相続・遺言/不動産登記



 


成年後見/任意後見契約作成/自分の老後も自分の意志を貫き、財産管理を明確にしておきたい方。


現在の日本の社会は急速に高齢化が進んでいます。最近よく耳にする高齢者をねらったオレオレ詐欺や悪徳商法等の被害は、今後ますます増えるのではないでしょうか。高齢となり判断能力が衰えるとそういう被害に遭うばかりでなく自分の財産の管理も思うようにいかなくなり、せっかく老後のために蓄えたはずの財産が自分のために活かされないままに終わりかねません。そうならないように判断能力が衰えた方を支援するための制度が成年後見制度です。

成年後見制度には 法定後見制度 と 任意後見制度 の2種類ございます。前者は、病気や年齢などが原因ですでに判断能力がある程度衰えてしまっている方についての制度ですが、判断能力のあるうちにする後者を紹介させていただきます。

任意後見制度とは、あらかじめ自分の意思で任意後見人となる代理人を選任して、内容は公正証書にして委任契約を結んでおき、将来自分の判断能力が低下してきたときに先に結んであった委任契約の内容に基づいて自己の財産の管理や介護、医療に関する手続きを行ってもらおうとするものです。

また、任意後見人は、後見人の職務を監督する後見監督人を家庭裁判所が選任してから代理人としての職務が行えるようになっているので、本人も安心して財産管理などを任せることができるわけです。将来自分をサポートしてくれる人を自分の目で確かめて信頼した上で選ぶことができるのが魅力です。

死後の財産処理については、遺言でできますが、判断能力低下後も自分の意思を実現し続けて生きていくには、任意後見契約で事細かに実現したいことを定めておくのがよいのではないでしょうか。


信頼の置ける身内がいらっしゃらない方、誰を定めたらよいか迷う方は、第三者である弁護士や司法書士を後見人に定めることにより自分の意志を貫くことが可能となります。是非ご相談下さい。

 

 


 

 

 

 

Tweet 


閲覧数:002912

前の画面に戻る


 

facebook area

 


 

 

私たち優司法書士法人は、京都市と滋賀県草津市に事務所を構えており、京都市内・草津市内をメインに、宇治市、向日市、亀岡市、長岡京市、八幡市、城陽市、京田辺市、その他京都府下、守山市、大津市、栗東市、野洲市、その他滋賀県下、また大阪、奈良など広く業務エリアとしてカバーしております。

 


 

京都市営地下鉄烏丸御池駅下車スグ/JR南草津駅下車スグ

 

お気に入りに追加

 

京都 相続

 

相続が発生したら…

 

遺言書作成の注意点

 

住宅ローンの借り換え/ライフプランの相談

 

会社を作ろう!

 

 

 
 

 

 

相続・無料見積窓口

債務整理・無料相談窓口

 

事例のご紹介/私どもがこれまでお手伝いさせていただいた各種事例をご紹介いたします。

 

日本赤十字社/東日本大震災義援金(義捐金)募集のリンクバナー

 

ツイートボタン

 




 

営業日カレンダー
2017年9月

     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
赤色の日付は休業日です。

 


≪営業日カレンダー詳細≫


Get Adobe Flash Player

Get Adobe Reader